マンション管理組合

マンションの管理については「区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)」という法律で基本的なことが定められています。

  
まず、管理組合は必ず必要かどうか、ということですが、「区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)」の第3条では、「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地伊予日付属設備の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。」と定められています。必須かどうか、という問題は、これをどう読むかということになります。
①「団体を構成し」を、ここで一旦切って「構成しなければならない」という解釈。
②「構成し」も最後の「できる」にかかる、という解釈 があります。

 

組合構成員
管理組合が結成された場合。管理組合の構成員はマンション所有者全員 です。
(賃貸居住者は管理組合員ではありません。)
また、所有者は組合員であることを強制され、脱会することは認められません。
法人化 組合は大規模になると法人組合として登録することが可能です。
法人の場合と任意団体の差は、修繕等で借入金をする場合に多少関係があるかもしれませんが、任意団体への融資もできますから、そう大きな違いはないのではないでしょうか。
新築マンションの場合
マンションの構成員で管理組合を結成しますが、新築マンションの場合は販売会社で世話をしてくれます。

役員、管理規約等

役 員
管理組合の役員は、理事と呼ばれ、代表者を理事長としています。また、監事を置いて、業務や会計について監査をします。
総 会
管理組合は、年1回の総会を開催し、前年度の管理事項の報告と会計報告、また次年度の予定と予算の承認を行います。理事会は、この決定に基づいて管理を行うことになります。
管理規約 管理組合には管理規約があり、常時の内容を規定化しています。手元にない場合には、理事に依頼してコピーをもらい、一読しておくのがよいでしょう

管理業務

マンションの管理業務は、次のような内容になります。

清 掃
清掃
共用部分の清掃です。
点 検
電気設備
給排水設備
消防防火設備
その他法定点検
これらの設備には、法定点検が義務づけられています。
運 営 総会、理事会の開催 総会は年1回、理事会は必要に応じて開催されます。
各種修繕の実行 共用部分で修繕をする必要が生じた場合はすみやかに対応する必要があります。
長期修繕計画の作成 マンションも10年~15年経過すると、外壁塗装、屋上防水等を実施しなければなりません。 ※「修繕」参照。
関係官庁との折衝 上記法定点検等について、消防や役所との折衝が生じます。
会 計 管理費、修繕積立金の徴収、保管、払い出し伝票、帳簿の整理
予算、決算
管理費と修繕積立金の収支関係

非定型業務

上にあげたものは、定型的なものばかりですが、マンション管理は非定型なものもあります。 
マンションの中では、いろいろな人が日常生活を営んでいるわけですから、可能性としてはすべてのことが管理上の問題になる可能性を秘めています。 そのなかで、マンションの問題としてよく話題にされるものをあげておきます。

騒音問題
上層階の騒音が問題になります。ピアノを弾くにもルールが必要かも・・・                      
近隣対応
南側にもマンションが建設になった場合、日照の問題等が出てきます。
駐車場
駐輪場
駐車場の所有権問題や利用方法の問題。駐輪場が狭いとか、うるさいとかの問題。
ペット問題 普通はペット禁止ですが・・・
共用部分 共用部分の変更についての問題。
雨漏り対策
その他
マンションの工事に起因する問題。